豆腐の簡単レシピ

美容効果の高い豆腐を使ったレシピ。

美容効果というと女性向けに聞こえますが、そうとも言いきれず男性にとっても関心を持たれるように思います。
年齢を重ねるごとに衰えていく肌の張りや髪の生成力。
これらを予防する為に是非とも取り入れたいのが、豆腐を使ったレシピの食事。
豆腐には、「大豆イソフラボン」という成分が豊富に含まれ、この成分は人の体内にある「女性ホルモン」(エストロゲン)と非常に似た構造と働きをすると言われています。
「エストロゲン」は主に、髪の形成・肌のツヤ・女性らしい体つきを助ける成分です。
ですので、豆腐に少し工夫をしたレシピを意識的に取り入れた生活をおくれば加齢の予防には十分なっていると思われます。
男性にとっても、例えば加齢による悩みの「薄毛」や「加齢臭」。
「男性ホルモン」(アンドロゲン)は女性ホルモンとは対照的な働きをします。
その為大豆イソフラボンの摂取をしないよりは良いと言えるかもしれません。
特に「薄毛」に悩む場合、大豆イソフラボンに「カプサイシン」(唐辛子などに含む)を混合させたレシピがお勧めです。
カプサイシンの「代謝促進」と大豆イソフラボンの「女性ホルモン作用」が相乗効果。
発毛効果が期待できると言われています。

秋にぴったり!豆腐のあったかレシピ

いろいろな料理に使えて、そのままでも食べられる豆腐。
冷蔵庫に常備している家庭も多いのではないでしょうか。
暑い間はさっぱり冷奴がおいしいですが、実は大豆製品は体を冷やす作用が強いのです。
涼しくなってきたら、冷奴では体を冷やしすぎてしまいます。
涼しい季節にオススメなのが、「豆腐としょうがのあんかけスープ」です。
体を温めるしょうがと合わせれば、秋にぴったりのメニューになります。
レシピは簡単。
まず、粉末の鶏がらスープの素でスープをつくります。
えび、いか、鶏ひき肉など、あっさりした具材を入れると、さらにおいしいくなります。
スープができたら、すりおろしたしょうがをたっぷり入れます。
その後、木綿でも絹ごしでも、好きな豆腐をいれます。
スプーンで大き目に崩して入れるといいでしょう。
全体があたたまるよう軽く煮て、塩コショウで味付けして、片栗粉でとろみをつけてできあがり。
最後に青ネギを散らすと見た目もきれいです。
簡単でぽかぽかあたたまるスープ。
ぜひ作ってみてください。

pickup

2017/4/10 更新