イソフラボンの効用

豆腐を美味しく食べてイソフラボンを摂取しよう

女性に必要な成分として近年注目されているのがイソフラボンです。
これは主に大豆に多く含まれており、女性ホルモンによく似た働きを持っています。
女性ホルモンにはエストロゲンがあるのですが、エストロゲンは女性らしい身体をつくり出す働きを持っています。
加齢とともにエストロゲンが減少した場合にはイソフラボンを意識して摂取する必要があります。
イソフラボンは大豆や大豆製品に多く含まれています。
毎日の食事に取り入れることによって必要な量を摂取することができるのです。
1日に必要な摂取量は30mgから50mgと言われています。
豆腐であれば半丁で約40mg、納豆なら1パックで十分に摂取することができます。
豆腐であればそのまま冷奴として食べたり、お味噌汁やサラダなどにも利用できるため、毎日摂取しやすい食品だと言えます。
女性ホルモンは誰でもいずれは減少してしまうので、予防のためにも早くから意識して摂取しておきたい成分です。

豆腐に含まれるイソフラボンの効用とは

豆腐には、大豆イソフラボンという栄養成分が含まれており、この成分は健康にも美容にも良いとして注目されています。
その効果としてはまず、女性ホルモンを整えてホルモン分泌を活発にしてくれます。
女性ホルモンは卵巣などの機能を活性化したりお肌にも関係してきます。
生理不順や更年期障害の緩和やバストアップ、美肌のためにも、イソフラボンを摂取すると良いでしょう。
また豆腐は良質のタンパク質であり、丈夫な髪の毛を育てるためにも必要な成分です。
男女共に薄毛に悩んでいる人も、積極的に豆腐や大豆製品を食べるようにしましょう。
豆乳を飲むのも良いです。
そのほかにもイソフラボンには骨の中のカルシウムを保護する働きがあるので、骨粗しょう症の予防にも良いとされています。
また血液中のコレステロールを抑制してくれるので、成人病にもなりにくくなります。
このように非常に多くの効用があるので、毎日の食生活にぜひ取り入れていきましょう。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/4/10