豆腐の保存方法

市販の豆腐を品質を維持しながら保存するための心得

豆腐は大豆を加工した食品の一種で、低温の状態で清潔な環境を維持しながら保存することが品質を良好に保つための重要な条件です。
市販の豆腐は販売されている店舗では衛生的な環境に置かれていますが、購入後の家庭での保存の際に誤った方法で扱うために品質が劣化してしまうことがあります。
そのため、味や品質を保つためには必ず正しい方法で丁寧に扱うことが大切です。
市販の豆腐は一度に使い切ることが最も安全に美味しさを楽しむための心得ですが、余った場合は清潔な水に移し替えて冷蔵庫で保存することで品質を維持することが可能です。
特に気温や湿度が高い夏場は清潔な状態を保つために一日に複数回水の交換を行う必要があります。
水を交換する際は細菌の混入を防ぐために決して素手で触らず、清潔な使い捨ての手袋を使用するように心がけます。
賞味期限が過ぎた製品は食中毒を引き起こす細菌が繁殖している可能性があるので廃棄することが安全性の維持に繋がります。

豆腐の賞味期限を延ばす保存方法

健康食品として、またダイエット食品としても評価の高い豆腐は、どの家庭でも冷蔵庫に常備されている食品なのではないでしょうか。
おいしく、様々な調理法ができるので重宝しますが、日持ちしないところが玉に瑕です。
しかし、保存の仕方によっては、豆腐の賞味期限を延ばすことができます。
賞味期限に食べられなかった場合は、パックから取り出し沸騰したお湯に入れて茹でます。
茹でる時は、型崩れする場合があるので、布巾に包むときれいな形のまま茹でられます。
その後、冷水にとって冷ました後、水を張ったボウルの中に入れて冷蔵庫で保存します。
水は、毎日変えるようにしましょう。
暑い季節は、1日に2回水を交換するほうが良いです。
この方法で保存した後3日程たっても、まだ豆腐が残っている場合は、もう一度熱湯の中で茹でて殺菌します。
1回熱湯でゆでる毎に、賞味期限は3日程延長されますが、できることなら、早めに食べ切ってしまうほうがおいしく食べられます。

Valuable information

2017/4/10 更新